どうしたら生際を復活できる?

男性型脱毛症によって生際は薄くなります。

進行すれば薄いと言うだけでは収まりません。

確実に禿げになっていきます。

気付いた時には手遅れとなっていくのです。

現在は、死滅した毛根から髪の毛を生やす方法は開発されていません。

死滅した毛根を復活させて髪の毛を生やすと言うのは真の毛生え薬と言えます。

これが開発されれば軽くノーベル賞ものですし、世界的大ニュースになるでしょう。

現在は休止している毛根や、トラブルに見舞われている毛根や頭皮を整える観点から治療薬が作られているのです。

完全に死滅した毛根と言うのは、実のところ言うほど多くありません。

大抵は様々な理由からトラブルに見舞われ、休眠状態になっているケースが多いのです。

よって、現在とられている方法でも薄毛抜毛を解決出来る人は決して少なくないのです。

では、どうすれば生際を復活させる事が出来るのでしょうか。

大事な事は強力な脱毛作用をもたらすジヒドロテストステロンの生成を抑えれば良いのです。

ですが、現在ジヒドロテストステロンを直接的に消滅させたり、抑制する方法はありません。

そうなると、男性型脱毛症に陥ってしまったら、もう禿げの一途を辿るしか道がないのかと言うとそうではありません。

少しだけ発想を変換させれば男性型脱毛症を治す事は可能です。

要は、ジヒドロテストステロンの生成に必要な男性ホルモンを抑制するか、5aリダクターゼの働きを阻害すればジヒドロテストステロンは生成されず、禿げも改善するのです。

男性ホルモンを完全に消滅させる事は不可能ですし、5aリダクターゼにも同じ事は言えます。

しかし、これらの多さや働きと比例してジヒドロテストステロンは増えていきますので、抑制する事で禿げに至らない量に出来ると言う事なのです。

その最有力な方法がプロペシアと言う薬品の服用です。

専門医に行くと、大抵の場合処方される薬です。

プロペシアは男性ホルモンの過多を解消してくれる薬です。

最近は5aリダクターゼの働きを阻害するフィナステリドと言う薬品も処方される事があります。

ですが、現状ではまだまだプロペシアに軍配が上がり、実績と信頼と言う面において優れていると言えます。

もちろん、フィナステリドも効果が無い訳ではありません。

薬は個々人との相性にもよりますので、プロペシアを試して駄目でもフィナステリドが効く可能性がありますので、選択肢と言う面では2種類ある事は心強い限りです。

ただ費用的には保険適用外の薬品ですので安くはありません。

 

 

何故生え際がうすくなるのか、その理由とは?

現代では薄毛や抜毛に悩んでいる人は少なくないと言えるでしょう。

最早薄毛や抜毛は現代病の1つと言っても過言ではありません。

と言うのも、薄毛抜毛になる原因には大きく分けて2つあり、それが現代ならではと言えるからです。

1つはヘアケア不足や、ストレス、生活習慣病などからくる不健康な身体からきます。

もう1つは、AGAと呼ばれる男性型脱毛症が原因です。

現代は、頻繁に大きなストレスに晒されて日々を過ごさなければなりません。

また、24時間どこでも店が開いている上、家での娯楽設備も様々にあり、睡眠を充分に摂ったり、正常な生活を送る人が少なくなっています。

更には、飽食の時代と言われる程、物に溢れ、常に食べ物も手に入れる事が出来、乱れた生活を送る事で人はどんどん不健康になっていきます。

多くの人が忘れがちな事ですが、頭皮や頭髪も身体の一部です。

身体が不健康なら頭皮や頭髪も不健康なのは明らかです。

身体が不健康なのに、頭皮や頭髪だけ健康を保っていると人はあり得ません。

何故なら、現代病や成人病は血液に関するものが多いからです。

血液は身体のエネルギーであり、栄養分です。

現代病や成人病は、肥満や体脂肪、中性脂肪の過多や、血液の粘度に関わってきます。

血流の巡りが悪ければ、当然のごとく頭皮や頭髪にも血液が行き渡らなくなり、栄養が不足した頭皮や頭髪は異常な状態になっていくのです。

また、この生活習慣病や生活様式からホルモンバランスが著しく狂う事も大きな要因です。

男性型脱毛症とは、男性にだけ起きると言う意味ではなく、男性ホルモンの過多や分泌異常から引き起こされる為についた名前です。

男性ホルモンも女性ホルモンも性別に関係なく体内に存在します。

男性ホルモンはある程度男性が多く、女性ホルモンは女性がある程度多い事で性別たらしめています。

この男性ホルモンが体内にある5aリダクターゼと言う還元酵素と結び付く事で強力な禿げの作用を及ぼす物質を生成するのです。

これらが結合して出来るのがジヒドロテストステロンです。

男性ホルモンが多ければ多い程、このジヒドロテストステロンが多くなる訳です。

禿げの要因となるジヒドロテストステロンが多ければ当然禿げの素養が大きくなるのです。

AGA、男性型脱毛症はこう言ったメカニズムでなるのです。

今や禿げは従来言われてきた遺伝が主要な原因ではなく、男性型脱毛症こそが大きな要因と言われてきたのです。

男性型脱毛症の特徴は、前頭部と頭頂部に禿げが顕著な事です。

正に生際が薄くなるのは男性型脱毛症の特徴と言えるでしょう。